Monday, December 22, 2008

立山黒部貫光 黒部湖-黒部平(0.8km)

公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・単線二両交走式(1067mm)
 ・'69/07/20開業

○交通情報
 長野駅、信濃大町駅から扇沢行きのバスに乗車し終点下車。ここで関西電力のトロリーバスに乗り換え終点黒部ダムで下車し、黒部ダムの上を歩いて徒歩連絡します。これらの便は時刻表に掲載されていますのでそちらをご参照願います。

○取材記
 関電トンネルトロリーから黒部ダムを観光後、ダムの反対サイトに位置するこのケーブルカーへ乗車する。立山黒部アルペンルートのもうひとつのメインイベント立山越えのためである。ところでこのケーブルカーは全線地下式(トンネル)という非常にめずらしい構造となっている。なので残念ながら景色は拝めない。次のロープウェイに期待しましょう。

他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’04年08月15日取材、’90年09月11日走破)

Sunday, December 14, 2008

関西電力 扇沢-黒部ダム(6.1km)

公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・無軌条電車
 ・'64/08/01開業

○交通情報
 長野駅、信濃大町駅からバスの便があります。これらは時刻表に掲載されていますのでそちらをご参照願います。

○取材記
 トロリーバスといえば文明堂のカステラ(意味不明)。さて今朝は長野から特急の扇沢行きバスに乗車しアルペンルートへ直接アクセス。それにしても便利になったものだ。バスのルートとしては昨日の白馬行きと同じく、千見、ぽかぽかランド美麻を通るルート。筆者はこのルートもう何回通ったんだろう、うーんと考えてしまうほど。
 さて筆者はここにくるのは実に15年ぶり?である。駅は綺麗に塗り替えられ、車両も更新され近代的な姿になっている。前回来たときには200形という車両に乗車して、車内がロングシートなのでずいぶんとがっかりした覚えがある。そんなトロリーバスも今年で40周年だとか。
 トロリーバスは正式には無軌条電車と呼ばれ線路はないが立派な電車のなかまである。その割には運転手がいてハンドルを握っているのはご愛嬌?
 残念ながらこの線その殆どがトンネル内の走行となり景色は良くないが、今でも建設時の苦労が偲ばれる構造と観光案内がよりこれから観光する黒部ダムの雄大さを盛り上げてくれる。

他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’90年09月11日取材、’04年08月15日追加取材)

Sunday, December 07, 2008

東急不動産 斑尾東急スキー場(第5ゴンドラ)(974m)

公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・単線固定循環式
 ・'04/07/24開業

○交通情報
 取材日には妙高高原駅からシャトルバスで20分(無料です)でしたが、現在は長野駅と黒姫駅からのシャトルバスがあるようです。長野駅からは所要80分、黒姫駅からは所要30分でいずれも無料です。シャトルバスの時刻表はホームページにあります。ここでは’08-’09年のウインターシーズンのシャトルバス時刻を掲載します。なお長野駅発着のシャトルバスは事前の予約が必要です。

→黒姫駅発タングラム行き
 800,905,1010,1125,1215,1420,1600,1810,1925,2110,2220F
←タングラム発黒姫駅行き
 835,1035,1220,1330,1425,1520,1620,1735,1835,2025

→長野駅発タングラム行き
 1000,1125,1300,1425,1545,1700,1930F,2200F
←タングラム発長野駅行き
 945,1255,1415,1535,1710

凡例 F:金曜日のみ運転

○走破記
 白馬47スキー場から交通機関を乗り継ぎ、妙高高原駅からはシャトルバスに乗車。天候が悪いので運転を中止していなければ、営業時間にはなんとか間に合いそう。
 現地到着、ありました。丁度ホテルの裏手から出発です。それにしても立派な看板と専用の券売機まで準備されて随分と気合が入っています。筆者が乗り場に近づいていくと。係員氏「今日はあいにくのこんな天気ですから山頂へ上がってもなにも見えませんよー」、筆者「そうですか、仕方ないですねー、でも行くだけ行ってみます」(本当は景色は目的の2番目だとは言えない)。というわけで乗車。さすがにお客は往復とも筆者だけであった。ていうか筆者がいなければ早々と営業が終了しているところでしょうね。
 ゴンドラは先程の白馬47スキー場と同じで、自動循環式なのに路線途中で他のお客の乗降のために一時停車する。しかもこの時間明らかに他のお客の乗降はないことは明らかだけどそれでも停車する。不思議な運転形態である(掲示板で聞いてみよっと)。それにしても先程の白馬47スキー場といい、この4人乗りの今時でないゴンドラはいったいどこで調達してきたのだろう?
 山頂駅に到着。当然の事ながら濃霧で景色は期待できず。晴れていれば野反湖が望めるところだが。降り出した雨で駅から遠くに行くのも難しくなったので早めに山麓駅へ降りる事にしよう。本日は長野泊後明日は立山黒部アルペンルートを目指しましょう。

他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’04年08月14日取材)