Sunday, June 28, 2009

岩手ホテルアンドリゾート 安比高原スキー場(第2シュレップB)(1022m)

公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・単線固定循環式
 ・開業 '82/12/19

○交通情報
安比ゴンドラのところでまとめてご紹介済みです
 
○取材記
 先程の安比ゴンドラから滑走式リフトのところへ行ってみたが、残念ながら運休であった。安比スキー場には第2シュレップB、Tバーの2線のシュレップリフトがある。この時はこのいずれも運休であった。考えてみると筆者が以前に来たときも運休であった。これらはいったいいつ動くのだろう?
 特に、ここのTバーリフトは日本にはおそらくここにしか現存しない、2人乗りの真面目な?Tバーである。ぜひ動いているところを見たいものである。
 
他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’05年03月27日取材、未走破)

Sunday, June 21, 2009

岩手ホテルアンドリゾート 安比高原スキー場(ザイラーゴンドラ)(3494m)

公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・単線自動循環式
 ・開業 '91/12/28

○交通情報
 盛岡駅より岩手県北バス、安比グランドホテル行きバスに乗車し終点安比グランドホテル下車、所要60分、運賃1130円。これ以外に花巻空港からの路線バスがあります。これらのバスは時刻表に掲載されています。
 また最寄駅である安比高原駅へはシャトルバスの便があります。これ以外にも各空港からの多数のツアーバスが運転されているようです。
 取材日現在の花巻空港と安比高原駅への路線バスの時刻を以下に示します。最新版の時刻は公式HPでご確認願います。

(ゲレンデ内では)
 路線バスでスキーセンターに到着後、ゲレンデ内では安比ゴンドラに乗車し、ザイラースキーセンターに滑り降りたところにあります。

→花巻空港発安比グランドホテル行き
 1025,1410a
←(安比グランドホテル始発)安比プラザ発花巻空港行き
 1210a,1620

→安比高原駅発安比グランドヴィラ3行き
 807*,840*,1055,1350,1605,1740,1855,2012,2132
←(安比グランドヴィラ3始発)安比プラザ発安比高原駅行き
 757*,1002,1202,1512,1707*,1728,1843

 a:火曜、木曜、土曜のみ運転
 *:土曜、祝日、日曜と12/25~1/10運転
 
○取材記
 先程の安比ゴンドラから滑走式リフトのところへ行ってみたが、残念ながら運休であった。春スキーは気候もよく気持ちがいいのだが、運休しているリフトが多いのがとくに我々のような趣味人には大変に心残りである。
 仕方がないので再び頂上まであがり、ザイラーゲレンデを滑り降りる。山頂駅がなんかうまい角度で写真に収まらなかったが気にしないことにしておこう。さあ、あとは営業時間の限り乗れるリフトに乗っておこう。でなくてスキーでしたね。
 
他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(ゴンドラ以外の筆者の走破線)
安比ゴンドラのところでまとめてご紹介済みですハイ(え?どうでもいい?)

(’05年03月27日取材、’00年01月09日走破)

Saturday, June 13, 2009

岩手ホテルアンドリゾート 安比高原スキー場(安比ゴンドラ)(2819m)

公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・単線自動循環式
 ・開業 '87/12/20

○交通情報
 盛岡駅より岩手県北バス、安比グランドホテル行きバスに乗車し終点安比グランドホテル下車、所要60分、運賃1130円。これ以外に花巻空港からの路線バスがあります。これらのバスは時刻表に掲載されています。
 また最寄駅である安比高原駅へはシャトルバスの便があります。これ以外にも各空港からの多数のツアーバスが運転されているようです。
 取材日現在の花巻空港と安比高原駅への路線バスの時刻を以下に示します。最新版の時刻は公式HPでご確認願います。

→花巻空港発安比グランドホテル行き
 1025,1410a
←(安比グランドホテル始発)安比プラザ発花巻空港行き
 1210a,1620

→安比高原駅発安比グランドヴィラ3行き
 807*,840*,1055,1350,1605,1740,1855,2012,2132
←(安比グランドヴィラ3始発)安比プラザ発安比高原駅行き
 757*,1002,1202,1512,1707*,1728,1843

 a:火曜、木曜、土曜のみ運転
 *:土曜、祝日、日曜と12/25~1/10運転
 
○取材記
 自宅の大阪から朝一番の花巻空港行きに乗り、空港でバスに乗継ぎやっと到着です。時刻はちょうど昼時である。時間がない?ので食事を抜いてすべりまくる予定。とりあえずはこのゴンドラに乗車して、ゴンドラの写真撮影を済ませましょう。
 安比には以前に来たことがあり、ゴンドラには乗車した事があります。しかしゴンドラの写真を撮ったりとかをしていないのでそのリベンジということになりますか?それにしてもこの年(’04ー’05年)は大変に雪が多く、多くのスキー場が営業終了予定を繰り下げて営業している。おまけに時節に合わない大雪となっており雪質も春スキーとは思えない程である。
 ところで安比にはシュレップ、Tバーなどの滑走式のリフトが多数(といっても2線だけになってしまったが)現存しており、このあとそちらのほうにも行ってみたいと思う。さてまずは足慣らしから、中級コースをゆっくりと滑り降りましょう。
 
他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(ゴンドラ以外の筆者の走破線)
走破:セントラル第1クワッド、安比ゴンドラ、第2ペアA、第3ペアA、第4ペア、ビスタクワッド、ザイラークワッド、ザイラーゴンドラ、ザイラー連絡ペア
運休:第2B、第2シュレップ、Tバー
未走破:第3ペア、ザイラー第1ペア、ザイラー第2ペア

(’05年03月27日取材、’00年01月09日走破)

Saturday, June 06, 2009

近江鉄道 箱館山ゴンドラ(山麓~山頂)(1323m)

公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・単線自動循環式
 ・開業 '62/01/17
  架替 '99/11/20

○交通情報
 近江今津駅から湖国バス、箱館山行き、
又は(箱館山経由)国境スキー場行きに乗車し所要19分370円。これらのバスのうち循環系統のみ時刻表に掲載されています。その他のバス等の詳細は近江鉄道バス・湖国バスのHPにありますのでそちらをごご覧下さい。(筆者の取材日からも大きく変わっています)

○取材記
 今日は箱館山スキー場です。この’04年-’05年シーズン限りでコクド系列(近江鉄道)としての営業廃止を発表しました。譲渡先がなければ今シーズン限りということもありうるということで、取材に出かけることにしました。
 まずは、大阪駅から新快速に乗り近江今津へ、そこからバスに乗り継いで終点で降ります。
 ゴンドラは’99年にリニューアルしたばかりで6年ちょっとしか経過していないので、まだピカピカです。これが廃止の可能性があるなんて信じがたいものがあります。山頂駅は最近のものらしい開放的なデザインです。写真はその山頂駅です。ゴンドラに描かれたレオのマーク、おりばと書かれたサインのカラーリング、そして従業員の制服の色、そのどれを取ってもコクド/西武系のカラーリングです(あたりまえですね)。これが今年限りで見られなくなるのですね。
 さて、筆者はこのあとスノーボードを借りて練習しました。このスキー場は、緩斜面が多いのでこういう練習にはもってこいです。ゲレンデには古風な?シングルリフトがいっぱい並んでいてこちらも楽しめます。
 今日はこれまで、充分楽しんだら家に帰りましょう。珍しく日帰りです。
 
他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’00年03月19日取材、’05年03月21日追加取材)