Saturday, September 18, 2010

馬路村 インクライン(92m)

○公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・単走式(水力式)
 ・開業:'93/??/??

○場所
 高知県安芸郡馬路村大字馬路3564-1
  (うまじ温泉)
 高知東部交通:馬路下車徒歩5分
 tel.0887(44)2026 (うまじ温泉)

○走破記
 ホテルかずら橋を出て、その日の行き先として予定していた、剣山登山リフトへ電話して運行情報を確認する。かずら橋付近は晴れていたが、”その日は悪天候の為運休”とのことだった。予定では祖谷地区のあやしい乗物めぐりとしようと考えていたのだが、出端をくじかれた。
 それで思案のあげく大きく予定変更し、以前から行って見たかった、馬路村インクラインを目指すことにする。その日は安芸駅まで移動し、駅前に大きく掲示されている宿泊案内板をみて、片っ端から電話を掛けてその日の宿が決まった。
 明けて、安芸駅前から馬路行きのバス にのる。馬路への路線バスは安芸駅前から1025,1335(魚梁瀬行),1635(休日運休),1810(魚梁瀬行)の4本しかなく、1025発の馬路行きに乗る以外に日帰りするルートがない(1335発でも一様日帰りは可能だけど、休日ダイヤだと滞在可能時間は馬路で1時間30分しか?ありません)。馬路への路線バスは大変細い道を走り、途中で前から来た乗用車がカーブを曲がりきれずに、こちらへ突っ込んできて危うく正面衝突という場面があり、一番前の席に座る筆者は、運転手氏と”危なかったですね〜”なんて会話した。運転手氏も”こっちに突っ込んでくるんだもんな〜”なんて言っていた。ま、無事でなにより。
 馬路でバスの写真を撮っていたら、運転手氏が筆者が何も聞く前から指であっちあっちと教えてくれる。もう身分も目的もばれてたのね(爆)。その案内に従って一目散にインクラインへ向かう。
 インクラインは夏休みということもあり、子供が多数だった。保護者がいるように見えないので地元の子供だろうか?少し人波が切れるときを見計らって乗車する。
 山麓駅では運転手氏がバラスト用の水を排出し終え、出発準備完了。筆者は運転席の近くに座る、運転手氏がブレーキを外して出発進行。運転手氏曰く”ここには、全国からいろんな方々が来られます、以前にはケーブルカーのホームページを作っているという方も来られました”と言っていました。筆者はそれって?”ケーブルカーに乗ろう!”のページってこと?と思いましたがよくわからず仕舞でした。
 さて山頂駅に到着。適当に付近の写真を撮る。山頂には簡単な公園のようなものがあるが特に見る物もない?その間、ケーブルカーは待っていてくれました。あまりお待たせしても悪いので、適当に切り上げて戻ります。次はお隣の森林鉄道に行きます。
 
 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’06年08月20日取材)

3 comments:

  1. Hello... thank you for you very interesting blog! Sorry I don't read Japanese. I like to find new Japanese inclined cable railways. This time I found interesting the Umaji village hydraulic incline. I have some questions about this incline:
    - what is at the top of the incline (why they built an incline there?)?
    - normally hydraulic powered inclines have two counterbalanced cabins... here there is only one... how it works? Is there any counterweight?
    - This is the first hydraulic powered incline i know in Japan. Is there any others in Japan?
    There are other hydraulic powered inclines in the world: Friburg (Switzerland), Braga (Portugal), Machynleth (Wales).
    I would like to stay in touch with you...
    Best regards
    Michel AZEMA, Paris (France)
    http://www.funimag.com/

    ReplyDelete
  2. Oh! Wow I know your blog very famous. Thank you for reading my blog. Now I must answer your questions.

    - what is at the top of the incline (why they built an incline there?)?
    There's only very small athletic park maybe for kids, around Mt.top station. So why incline is there? I think, it's for sightseeing itself. The old days, Umaji village has a large scale forest railway, its route has about 250km!. Now, all of them is abolished. And villager construct new incline and sightseeing forest railway as "community development". It models ancient forest railway.

    - normally hydraulic powered inclines have two counterbalanced cabins... here there is only one... how it works? Is there any counterweight?
    The incline has counterweight of course, under the rail. It looks like ordinarily elevator.

    - This is the first hydraulic powered incline i know in Japan. Is there any others in Japan?
    There's no other hydraulic powered incline, I think. But I know ,there was it in exhibition "Utsukushima Fukishima", was held on '01 at Fukushima-prefecture.
    I has some pictures of it on my homepage. "http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/5869/others/010729fuku2.html" And the top page of my homegage is follows "http://tunawatari.web.infoseek.co.jp/"

    Handle name:&h3f3f from Tokyo Japan

    ReplyDelete
  3. Thank you for your answer
    I sent you an email... tell me if you received it
    Michel

    ReplyDelete