Sunday, February 21, 2010

比叡山鉄道 比叡山鉄道線(2.0km)


Mt.Hiei railway, train
Originally uploaded by h3f3f
公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・単線二両交走式(1067mm)
 ・開業:'27/03/15

○交通情報
 比叡山坂本駅から江若交通バスのケーブル坂本駅行きに乗車し終点下車(所要7分、運賃220円)。この路線は時刻表に掲載されていますので、ここでの時刻等の掲載は省略します。

○取材記
 バスを降りるとちょうどケーブルが出発するところだった。ここのケーブルは路線距離が2kmもあるので今上がっていったのと同時に山頂駅を出発した車両がおりてこないと乗車できないので、時間があるかな?と思ってそのへんをうろうろしてみる。
 そんなうち事をしているうちに次の改札が始まってしまった。せっかくなので一番最後に行って運転席後ろにかぶりついて乗車することにする。ここに乗車するのは2回目なのだが、前回ははるか昔のことだったので、全く写真なんか撮っていなかったので今回撮ることにする。
 途中駅は2駅あるようでしたが、途中下車(ほうらい丘ともたて山)には事前の申告が必要で、利用者がない場合には通過します。この時も2駅とも通過でした。車窓はちょうどばっちり紅葉の時期、かぶりつきで見てたので琵琶湖もばっちり見えて最高でした、でもこの電車座席が全部山麓側向きなんですよねー。なんか背中に視線を感じて落ち着きませんでした。
 このあと比叡山延暦寺を経由して再びバスに乗車して京福電鉄の索道線に向かいます。
 
他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’05年11月13日取材、’94年09月17日走破)

近江鉄道 八幡山ロープウエー・公園前-八幡城址(543m)

公式HP
タイトルをclick!

○DATA
 ・三線交走式
 ・開業:'62/11/23

○交通情報
 近江八幡駅より長命寺行のバスで7分、大杉町下車徒歩5分
 バスは多数運転されていますので、時刻表は省略します。

○取材記
 先々週の伊吹山でここの旧搬器をみてしまったので、せっかくだから?とさっそくやってきた。昨夜は別に泊まるほどではなかったのですが近江八幡に宿泊。翌朝駅前の金券ショップを覗いて、往復のバス回数券とここの割引券をゲットしてから出発。
 ’05年に新造された新搬器は小ぶりな安索製。遠巻きに見るとなんか古い感じがしたが、近くでみると複雑な紅葉?模様の描かれた美しい搬器でなかなかどうしてかっこいい。勿論かぶりつきに陣取って乗車したあと村雲龍雲寺を見学。ちょうどオンシーズンで紅葉がきれいだ。
 そのあと山頂駅から村雲龍雲寺に向かって伸びている貨物運搬用の軌道を追い掛けて見る。軌道は山頂駅を出発後、途中の中継地点からインクラインになって村雲龍雲寺へ至る堂々たるものでおもしろく、つい見入ってしまった。因みに現在は残念なことに使用されていない??ようですが。
 さてこのあと筆者は、琵琶湖横断バスを経てケーブル坂本駅へ向かいました。
 
 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’00年02月12日取材、’05年11月13日追加取材)

Tuesday, February 16, 2010

Jバー、Tバー一覧2(丙種特殊索道:平成22年現存)

 ネット上の情報を総合して、現存する旧丙種特殊索道(滑走式リフト、シュレップ)の一覧を作成しました。補足情報等ございましたらよろしくおねがいします。

 なお、企業体名は平成9年版の鉄道要覧のままに掲載しています。
 平成21年版の鉄道要覧に基づいて修正しました('10/02/23)

都道府県:事業者名:区間:キロ程:開業:備考
北海道:(株)プラッサ:かもい岳国際スキー場(第1Tバー):710m:'89/12/02:
北海道:猿払村:猿払村営スキー場:315m:'89/12/30:
北海道:加森観光(株):サホロリゾート(サホロ第6):368m:'81/12/05:
北海道:新得町:新得山スキー場(第2):336m:'86/01/02:現役か?
北海道:(株)上富良野町振興公社:上富良野町営日の出スキー場:200m:'85/12/21:
北海道:(株)アンビックス:美唄国設スキー場(Jバー):398m:''94/12/17:
北海道:(株)フォレストパーク:ロックバレースキー場(ロックバレーテレキット):303m:'80/12/25:
北海道:興部町:興部町営スキー場:336m:'86/12/20:
×北海道:積丹町:積丹町野外スポーツ林スキー場:389m:'85/12/24:休止中
北海道:知内町:知内町営スキー場:310m:'92/01/16:
岩手:(株)岩手ホテルアンドリゾート:安比高原スキー場(第2シュレップB):1022m:'82/12/19:
岩手:(株)岩手ホテルアンドリゾート:安比高原スキー場(TバーA):1254m:'82/12/19:
×岩手:西和賀町:西和賀町志賀来スキー場(沢内村第1):270m:'64/01/08:休止中
×秋田:天下森振興公社:横手市天下森スキー場(Tバー):585m:'84/12/22:休止中
山形:酒田市:松山スキー場(シュレップ):300m:'80/12/25:
山形:飯豊町:飯豊町手ノ子スキー場(シュレップ):445m:'80/01/12:
福島:柳津町:柳津温泉スキー場(第2):397m:'80/01/09: 屈曲式!
福島:横向高原リゾート(株):箕輪スキー場(横向高原スキー場D):231m:'90/01/13:
×石川:(財)白山市地域振興公社:中宮温泉スキー場(中宮第4シュレップ):410m:'84/12/22:休止中

こうして見るともう本当に少数派なんですね。
手前味噌ですが、筆者は去年このうち本州の3つを訪れたのでちょっと感覚が麻痺してました。

志賀来ですが休止中に戻しました(筆者調べ)