Monday, May 04, 2015

ソルファオダ 小田深山

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 愛媛県喜多郡内子町中川小田深山
 内子駅から35km
 tel.0892(52)3232

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(2):第2(350m)、第3(960m)
 ・廃止(1):第1(551m)(単線固定循環式特殊索道)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 今日もメグラー活動のスタート、松山市内のBHを出発する。今日最初の目的地はソルファオダスキー場です。
 松山市から近距離かと思いきや内子町の山間部に位置していて、松山市内からは約80kmのドライブと結構遠くて驚いた。まずは国道379号線をひたすら南下、残り10kmのところからは圧雪アイスバーンしかも1車線の狭い道になって、神経を使うドライブ、昨日豪快に車を滑らせたので安全運転、安全運転。そんなこんなで、結局スキー場に着いたのは11時だった。
 こんな山奥にあるスキー場なのに、駐車料金が有料で一気に気が滅入るが、その代わりに入場料金が無料だった。
 さて、このソルファオダスキー場には2基のリフトがあります。しかもその両方のリフトにとても長い行列が出来ていました。リフトは第2リフトと第3リフトで、第2リフトは初級コース、いわゆるファミリーゲレンデ。第3リフトが中級コースに架けられている。この中級コースはアイデアルコースと呼ばれ、四国最長のスキーコースとされているようです。美川スキー場が閉鎖となっている’11~’12年シーズンからは四国随一と言ってよいのでしょうか?(公式HPには四国最大級スキー場との記載があります)
 第3リフトの山頂駅からの眺めはとても良くて、その遠景には石鎚山を望む事ができました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○第2リフト 山頂駅
 初級コースに架かる第2リフトの山頂駅です。
 第3リフトの乗り場が若干ゲレンデを歩いて登ったところにあるためか?それとも初心者が多いためかわかりませんが、このリフトには行列が出来ていました。

○第1リフト 山麓駅
 こちらが廃止になっている第1リフト(山麓駅)です。リフトの廃止とともに並行のコースも整備されていなくコースクローズとなっていました。

○第3リフト 山頂駅
 こんな四国の南なのにゲレンデには雪がたくさんある不思議。しかしそこから望む山々は実に青々としています。
 遠景に見える白い山が四国の最高峰石鎚山です。
 

(’12年01月08日取材)

No comments:

Post a Comment