Wednesday, August 10, 2016

神立高原スキー場 神立高原スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 新潟県南魚沼郡湯沢町神立4121-1
 越後湯沢駅から4.0km
 tel.025(788)0111

○リフト(取材日現在)
 ・単線自動循環式特殊索道(3):夢沢高速(1003m)、池の平高速(1031m)、
           大中平高速(963m)
 ・単線固定循環式特殊索道(4):戸沢ペアA(605m)、戸沢ペアB(605m)、
           戸沢ペアC(605m)、白板山ペア(862m)
 ・廃止(1):滝の沢トリプル(485m)(単線固定循環式特殊索道)
 (太字は筆者の走破線区)

Kandatsu Kogen highland skiing ground Tozawa pair ABC chairlift, basestation
○走破記
 スキー場ツアー2日目、まずはルーデンス湯沢スキー場に行き、そのあと中里スノーウッドスキー場、湯沢中里スキー場とまわり、ここが今日4か所目。
 3本並列の連絡用のペアリフトの戸沢ペアABCを有するスキー場。その前に鎮座する大きな建物は立派な温泉施設もあるスキーセンターで首都圏からの早朝の車での到着需要に備えた広い仮眠室のある施設。近年は経営難が囁かれここ何年かで経営者がコロコロ変わるという憂き目にもあっていたが、このブログ更新時にはマックアースリゾートの手に渡りもっと安定的な発展をするのでないかと期待してしまいます。
 話を戻してこの3本並列の連絡用ペアリフトはフル稼働する時があるのだろうか?そして筆者は一体いつこの全部に乗れるのだろう?(笑)と思う。ちなみにこの日の筆者訪問時に動いていたのはCリフトのみでした。次回来る時には朝一番のスキー客が溜まった時を狙う必要があるのかな?ちなみにAリフトには搬器がついていなかったので今季は動いていないものと想像できます。でも休止線にはなっていません。
 他のリフトは夢沢高速リフトが既に今季の営業を終えていましたが、4月だというのにゲレンデ内には雪が降り、ミルキーウエイ以外のほぼすべてのコースが滑走可能でした。
 それにしても神立高原は初めて来たが4月だというのに意外と雪質がいいのに驚いた。先ほどの雪の関係だろうか?それと夕方まで開いているゲレ食は便利でいいですね。朝からスキー場巡りを優先したのでここまで飯抜きでした。早速ゲレ食に駆け込みブランチ兼ねる夕食をいただきました。さて、今回の旅行はこれまでまた帰京して明日から仕事だぞ〜

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Kandatsu Kogen highland skiing ground Onakadaira highspeed chairlift, basestation
○大中平高速リフト 山麓駅
 3本並列の連絡ペアリフトの戸沢ペアを降りると、すぐ前にはこの大中平高速リフトです。初中級コースの斜面が連なるコースを抱えていて楽しみながら滑るにはこのコースはいいかもしれません。逆にここ以外のリフトに乗ると必ず骨のあるコースがそこには待ち構えています。それらのリフトに乗るのも、まずはこれに乗ってからですね。

Kandatsu Kogen highland skiing ground Ikenotaira highspeed chairlift, basestation
○池の平高速リフト 山麓駅
 神立高原スキー場の特徴は高速リフトの率が非常に高いこと。山麓からの連絡リフトの戸沢ペアと、最上級コースに行く白板山ペア以外は全てが高速リフト。リフトに長い列が出来ていてもどんどんはけていっていいのですが、なにせ滑走しない休み時間が短い短い、このスキー場で気合いを入れて滑りすぎると死にます。お気をつけを。

Kandatsu Kogen highland skiing ground Shiraitayama pair chairlift, basestation
○白板山ペアリフト 山麓駅
 そしてこのスキー場の一番上へ行く白板山ペアリフト。この先は泣く子も黙る上級者コースです。もちろん下り線乗車はできませんよ〜。

(’12年04月01日取材)

No comments:

Post a Comment