Sunday, November 03, 2013

阿賀町 三川•温泉スキー場

○公式HP
 タイトルをclick!

○場所
 新潟県東蒲原郡阿賀町川口堤ノ下
 三川駅から4km
 阿賀町の三川地域福祉バスの川口下車徒歩10分(祝日運休、1日1往復)
 tel.0254(99)3738

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(5):第1ペア(536m)、第3ペア(508m)、第5ペア(470m)
                、第6ペア(536m)、第7ペア(316m)
 ・廃止(1):第2(476m)(単線固定循環式特殊索道)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 新年を迎えるに相応しく?新発田市内の月岡温泉に泊まって、この日は遅めの出発です。
 最初に向かったのが角神ファミリースキー場です。安田から磐越道に乗り津川で降り走ることしばし、スキー場の入口らしきホテル角神の入口に着きました。ところがスキー場らしきものがないので、車で構内をうろうろしていたら係員氏に呼び止められ、”今期はスキー場は営業していない”との案内をされました(この時に降りて探索しておかなかったのは、今考えると残念です)。
 再び車を走らせ、ここ”三川•温泉スキー場”に着きました。この地域のスキー場にしては、駐車料金が有料(500円)だったのはちょっと驚き。
 スキー場にはリフトが5本ある中規模のスキー場です。この日は2本並列のリフトとなる第1ペアと第6ペアのうち第1ペアが運休となっていました。第5ペアリフトからのコースは、上級コースでなかなか厳しいコースでしたが、それ以外のコースはどこも緩やかでコースの難易度が随分と極端なスキー場だなと思いました。でも、その第5ペアの山頂からの風景はなかなかよかったです。
 さてゲレ食でしばし休憩してから次へ向かいましょう。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○第1ペアリフト、第6ペアリフト、山頂駅
 リフト券を買ってまず最初に乗るのがこのリフトです。
 この日は第1ペアリフトが運休でした。2本並列のリフトはどちらかが動いていないことが多いですね。

○第5ペアリフト、山麓駅
 このスキー場の最高所に登る第5ペアリフトです。
 リフトの右側のスペースが空いています。ここが第2リフトのあった場所(専門用語?wで廃線跡と言います)です。監視小屋や基礎だけが残されています。

○第5ペアリフト、山頂駅
 新年の滑り始めにふさわしい素晴らしい景色でした。正面に見える山々は五頭連峰です。
 とってもいい眺めだったので久々にパノラマを作りました
(’11年01月01日取材)

No comments:

Post a Comment