Saturday, August 28, 2010

南海りんかんバス 高野山駅−女人堂(?km)

○公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・バス専用道路
 ・開業:'33/06/???

○場所
 女人堂: 和歌山県伊都郡高野町大字高野山709
 高野山駅から乗換

○取材記
 高野山駅からは女人堂までは、南海電鉄の子会社、南海りんかんバスの専用道路となっており、一般車はもとより歩行者も立ち入ることは出来ない。ということは、大阪より南海線で来た人はみんなバスに乗りなさい!というシステムになっている。
 それは、興味深い(笑)ので帰り道に立寄ることに、ちょっと撮影をこころみる。まずはバスを女人堂でおりる。女人堂とは、ここ高野山は明治5年に女人禁制が解かれるまで、女性の立入りが厳しく制限されていて、そのため各登り口に女性のための参籠所が設けられ、それを女人堂と呼んでいたようである。この地にある女人堂はその唯一現存する建物であるそうだ。
 そこからひょこひょこと歩いていくと、守衛所が見えてきてどうやらそこから高野山駅方面には歩いて行けない様子(本当はいけそうだったけどw)である(おそらく道が狭いので安全上の理由から人の立入りが制限されているようですね)。その場所でいくつか”進入禁止!”の写真を撮ってから引き返えすことにする。近くに「極楽橋駅→」の看板がありどうやら登山道で鉄道駅まで抜けられるようなので、そちらを歩いて降りることしました。
 今日の収穫は金剛峰寺のお札です。人間からだが資本ですから、健康には気をつけましょう(急にどうした?)。
 
 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’06年07月06日取材、’89年08月16日走破)

No comments:

Post a Comment