Sunday, July 26, 2015

松原観光 ホワイトバレー松原

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 広島県山県郡安芸太田町松原135-1
 可部駅から43km
 tel.0826(29)0021

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(2):第1ペア(259m)、第2ペア(573m)
 (太字は筆者の走破線区)

White valley Matsubara skiing ground,  ski center
○走破記
 安芸太田町の旅館を早朝に出発し、めがひらスキー場で滑走し、この日2箇所目は安芸太田町にあるホワイトバレー松原スキー場です。ここはホームページなどではファミリー向けスキー場として売っているところで、戸河内インターから最も近くアクセスの良いところにあります。
 リフトはファミリーゲレンデ(初級コース)をカバーする第1ペアリフトと、中上級コースをカバーする第2ペアリフトの2本だけで、本格的に滑るぞ〜という向きには狭いように感じるかもしれません。営業日が年末年始、土日祝日などに限られているので、実際に行こうとする場合は事前にホームページで確認した方がよいかと思われます。
 リフトは色が綺麗に塗られていますが、年季の入った日本ケーブル製のものでした。駐車料金が有料なのは閉口しますが、この地域のスキー場はほぼ全てそうなので諦めます。でもゲレ食が大きく休憩スペースがいっぱいあるのが良く、ファミリー向けには最適なスキー場なんだなと納得して、筆者は短時間(1時間以内?)の滞在でしたが次へ向かうことにしました。
 ゲレンデを出ると、駐車場の係員氏に大きな声で”ありがとうございました”と挨拶されました。いま、さっき来たばっかりだからね(笑)。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

White valley Matsubara skiing ground No.1 pair chairlift, basestation
○第1ペアリフト 山麓駅
 スキーセンターより滑り降りたところにある、第1ペアリフトの山麓駅です。
 こちらのリフトはスキーセンター前を通る初級コース(ファミリーゲレンデ)をカバーしています。

White valley Matsubara skiing ground No.2 pair chairlift, basestation
○第2ペアリフト 山麓駅
 スキーセンター横の歩いて行けるところにある。第2ペアリフトの山麓駅です。
 こちらのリフトは主に中上級者のコースをカバーしています。
 こちらのリフトはカバーする範囲が広く大混雑しそうですが、意外と第1ペアリフトと混雑は変わりません。

White valley Matsubara skiing ground No.2 pair chairlift, Mt.topstation
○第2ペアリフト 山頂駅
 そして、第2ペアリフトの山頂駅。
 リフトの滑車が塗り分けられていて、迷わないようになっています。リフトは2本しかないので迷う人はいないと思いますが。

(’12年01月29日取材)

No comments:

Post a Comment