Sunday, April 03, 2016

安平町 安平山スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
  北海道勇払郡安平町追分豊栄193
 追分駅から4km
 tel.0145(25)2514

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):安平山スキーリフト(331m)
 (太字は筆者の走破線区)

Anpeizan skiing ground chairlift, basestation
○走破記
 この日はまた早朝より北海道入り、レンタカー屋で今日最初のお客様ですと言われながら車を借りる。最初に行くのは安平(あびら)町にある安平山(あんぺいざん)スキー場。道東道にあがり室蘭本線の追分駅近くのここを目指します。せっかく来たので、一旦追分駅に車を入れしばし休憩してから、スキー場へ。
 スキー場は、ペアリフト1本の地元密着?のロコスキー場。山麓にある”安平山食堂”や”あんぺいざんヒュッテ”などの建物はどこかミニチュア、模型ぽく、そして懐かしいもので、思わず見とれてしまいます。作ろうとしても作れない良き時代を思いおこさせます。これらが現役だというのですから、いつまでも残して欲しいですね(と勝手なことを言ってみます)。
 そしてリフトに乗り山頂へ、山頂駅からは石狩平野を遠くまで見渡せる綺麗な風景が広がっていました。
 筆者はここでは一回券を数枚購入して、数回滑走して、名残惜しいけど、今日も予定がおしているので、次に行くことにしました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Anpeizan skiing ground, ski center
○スキーセンター
 スキーセンターを囲むミニチュアではなく、現役の施設です。

Anpeizan skiing ground chairlift, chairlift
○安平山スキーリフト 搬器
 間違ってはいけません。あんぺいざんスキーリフトです。なぜ町の名前と、山の名前が読み方が異なるのか?調べてみましたががよくわかりませんでした。

Anpeizan skiing ground chairlift, Mt.topstation
○安平山スキーリフト 山頂駅
 そして山頂駅。遠景は石狩平野。どこまでも見渡せる感じでした。

(’12年03月17日取材)

No comments:

Post a Comment