Sunday, May 16, 2010

北見市都市施設管理公社 北見若松市民スキー場

○公式HP
 タイトルをclick!

○場所
 北海道北見市若松651
 北見バス:若松休暇村センター(終点)下車すぐ
     (バスは北見駅から4往復です)
 tel.0157(22)2910

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):アカシア(693m)
 ・ロープトウ(1)
  (太字は筆者の走破線区)

◎取材記
 網走レークビュースキー場から車を走らせ、北見市民若松スキー場へ到着。
 どうやら営業するらしいので、準備をしてリフト券を購入して乗り場へ向かうと係員氏がこちらに向かって大きく×のサイン。強風なので様子を見るとのこと。それもそのはずで、この日は網走地方暴風雪警報が発令されていました。でもまだこの段階では雪が少し強い程度でした。しかし、結局スキー場はこのままクローズとなりスキーはあきらめ。次の目的地は佐呂間町営スキー場へ向かって出発。
 この間暴風雪はどんどん激しくなり、霧も出てきて、停車している除雪車を追い越すと路面も悪くなり、しまいには前が見えなくて走れなくなりそうでした。こういう時対向車にはハザードをたいてこちらの存在を知らせるのですね、初めて知りました。どうにかこうにか佐呂間町営スキー場近くに着くも、なぜか進入路が除雪されておらず車が動けなくなる。結局、ロードサービスに助けてもらい、時間的(もちろん天候的にも)に今日の予定をすべてとりやめ、ホテルへ一目散。
 この掲載以外の写真はこちら

○アカシヤリフト山麓駅
 この時点でアカシヤリフトは動いていました。リフト券も売ってくれたのでまだ動かしてくれるつもりだったのでしょうが、筆者がゲレンデに行くと同時ぐらいに運転中止になりました。
 筆者はどうもこの北見市との相性が悪いのか??ではいい思いでがありません、以前は乗らなければ行けないバスにターミナルで待っていたらスルーされておいて行かれたことがありました。おっと話が脱索しました。
 で、写真をあらためて見るとま〜すごい雪だこと。それも横殴りw。運休になって当然ですね。


○ロープトウ山麓駅
 ロープトウだけは営業するということで、行って見ました。しかし今度は深い霧が出てきました。午前中に訪問したはずなのに、ナイター照明が点灯しています。コースも全く見えず近くに人がいてもわからないほどになって、さすがに危険を感じるので。1回だけ滑ってそうそうに切り上げました。レストハウスに行くと今までここで滑っていたと思われるスキーヤーが多数いました。

(メモ)
 レストハウスでは年末ということもあって、カレンダーの配布を行っていました。筆者も一部頂いて、大阪へ帰ってから自分の会社の壁に貼ってたら、上司に”これなに?”って言われてしまいました。答えに困ったので、私は”ん?カレンダーですよ??”とにべもなく答えておきました。上司の顔に大きな”?”が浮かんでいたことは言うまでもありません。

(’05年12月26日取材、一部走破)

No comments:

Post a Comment