Monday, May 24, 2010

旭川振興公社 旭山雪の村

○公式HP
 タイトルをclick!

○場所
 北海道旭川市東旭川町倉沼(旭山動物園東門正面)
 旭川電気軌道バス:旭山動物園前(終点)バス停から徒歩10分
 tel.0166(23)1792

○リフト(取材日現在)
 ・ロープトゥ(1)
 (太字は筆者の走破線区)

◎走破記
 先ほどの当麻町民スキー場からは至近距離で車で程なく到着。
 このスキー場もこの’05ー’06年シーズンより老朽化したリフトを撤去し、新しくロープトウを新設したスキー場だ。場所柄スノーモービルのレンタルがあったり、スノーバナナがあったりスノーラフティングがあったりと、スキー・スノーボードだけでない総合的なスノーレジャーを提案しているスキー場改め雪の村です。
 しかし、訪問時にはゲレンデには筆者しかおらず大丈夫なのか?と思ってしまう。しかも、そういうコンセプトなので、ロープトゥ自体は短く普通のスキーヤーには滑走に向かない、恐らくそり遊びかなにかを想定したゲレンデであろう。適当に滑って飽きたところで次の目的地、伊ノ沢市民スキー場へ向かいましょう。

これ以外の写真はこちらです。


○レストハウス
 レストハウスの施設は簡素ですが、レンタルスキーや軽食の取れる設備があります。建物は綺麗で近年立て替えたものでしょうか?


○ロープトゥ山麓駅
 ロープトウは持ち手がなく、いわゆるロープ(金属でない)が張られています。また、設置からそんなに間がないのか?ロープが新しく白いです。ロープトゥの設備自体は山頂側と山麓側共にレストハウスとお揃いの色の木の箱に入っています。またロープトゥのロープはリターン側を手の届かない高い位置から戻す形式になっています。


○ロープトゥ山頂駅
 山頂駅から見た景色はこんな感じです。噂の旭山動物園のすぐ目の前ですが、あちらの喧騒が嘘のようにこちらは静かです。


(メモ)
 掲載日現在の公式HPには中国語が併記となっており、新たな観光需要を掘り起こしているのかもしれないですね。

(’05年12月27日取材)

No comments:

Post a Comment