Saturday, June 12, 2010

りんゆう観光 札幌藻岩山スキー場

○公式HP
 タイトルをclick!

○場所
 北海度札幌市南区藻岩下1991
 じょうてつバス:藻岩山スキー場(終点)下車すぐ
 tel.011(581)0914

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(5):第1A(378m)
    、第1B(378m)、第2トリプル(690m)
    、第3ペア(390m)
、第4トリプル(626m)
  第4トリプルは運休??
 (太字は筆者の走破線区)

◎走破記
 今日は札幌藻岩山スキー場。市電とロープウェイを乗継ぎ、ロープウェイ山頂駅からスキー滑走でスキーセンターへ行く。ロープウェイの山頂駅で最小限の準備をしてからは少し歩く。しばし歩くと、もうスキー場の山頂側が見えてきた、思いのほか近い。ここでスキーケースからスキー板取出しを板を履く。そして持って来た荷物を背負ってスキーセンターへ向け滑走する。
 スキー滑走で着いたところは北斜面のレストハウス。ここでコインロッカーに荷物を入れて、リフト券を買って滑走開始。先ずはメインバーンに掛かる第1リフトから。そのあと、第3リフトに乗車してから、第4リフト方面へのコースを探すがそのコースは解らず。何回か第3リフトに乗ってそのあたりを滑走するもそのコースは結局解らず、第4リフトは運休と判断する(実際コースレイアウトを見るとこれが運休のはずはないと思うのだが、よくわかりません)。
 さて、実はこの日はこのあと真駒内スキー場(現在は廃止になっています)へ行こうと思っていたのだが、たまにはスキーを堪能してみたくなり、ここで日没まで過ごすことにした。第2トリプルリフトから連なる、うさぎ平コースからは札幌市街地を望みながら滑走できとっても綺麗だ。ただこのコースはコブコブなんですよね〜、ちょっと疲れます。それにしても北海道の人はみんなスキーがうまいね〜。こんなコースを詰まらずすいすいいくんだから。
 日没となり帰りの時間です。ナイターもあるようなので滑走はまだ出来るのだが、今日は、今朝来たルートへ 第1リフトと第2トリプルリフトを使って戻り、藻岩山展望台からの夜景を堪能してから帰ることにする。このスキー場巡りの旅も大詰めですし。
 明日は大倉山ジャンプ競技場の予定です。 

これ以外の写真はこちらです。


○レストハウス
 こちらは北斜面のレストハウスです。札幌市街地に隣接しているのがよくわかります。これ以外に南斜面にレストハウスがあるようです。


○第1リフト山麓駅
 北斜面レストハウスの近くにある、第1リフトA,B線の山麓駅です。A線はシングルリフトでB線はペアリフトになっています。これがかかるコースは広々とした緩斜面となっており、札幌藻岩山スキー場のメインバーンです。


○第2トリプルリフト山頂駅
 札幌藻岩山スキー場の最も標高の高い地点となる。第2トリプルリフトの山頂駅です。藻岩山ロープウェイ側からアクセスするとこの風景が最初に見えてきます。林が途切れていきなりパーと視界が開けたかと思ったらもうそこがスキー場です。


(’05年12月30日取材)

No comments:

Post a Comment