Sunday, July 10, 2011

高知県南西部にみる鉄道風味な乗り物?

○公式HP
 ありません

○場所
 高知県南西部
 取材先にご迷惑がかからないよう、詳細な位置の公表を控えます。

○取材記
 高知県南西部の国道をドライブして発見した、鉄道風味をご紹介させていただきます。鉄道風味とは言ったもののどれも貨物用索道です。発見した物件は全部で4物件です。そのうち物件No.2-1とNo.2-2はほぼ同じ場所に架設されていましたが、物件No.2-2はおそらく既に使われていません。個別に簡単に説明させていただきます。
 物件No.1は大きめの搬器でおそらく工事用索道と思われます。道路を挟んで運転室が道の山側に設置されていて支柱もその近くにあります。道路を挟んで川側に足場材で組まれた作業台が道路面と同じ高さにあり、おそらくそこで荷裁きするものと思われます、そこから谷の底にある川に向かって索条が延びていました。
 物件No.2は個人用の索道でおそらく対岸の畑の作物を運ぶ為のものと思われます。No.2-1はそのうち現役の方で、単車を改造した自作の原動機が道路側にあり、川を渡って対岸の畑側には滑車がありました。さらにその先にはもう一本の索道が山の上へ向かって架設されていました。一方物件No.2-2は道路側は草むした中に埋もれておりよく見ないとそれとわからない状態になっていました。その川を渡った対岸側は小屋の中へつながっており、そこには自転車のリブを使った自作っぽい原動機がみられました。
 物件No.3も個人用の索道でした。この物件に関しては所有者の方にお話を聞く事ができました。所有者の方によれば対岸の山地から木材を運搬する為のものとのこと、その木材はその方の家庭用燃料として使うとのことでした。だから、動かすのは3ヶ月に1回ぐらいとのこと。

これ以外の写真はこちらです。


○物件No.1
 作業台から撮影した、搬器と索条の先です。目的地が全然見えません。


○物件No.2-1
 道路側の乗り場です。上に見える道路は2車線の一般道です。小さいちいさい搬器がかわいらしいものです。何が運べるんだろう?


○物件No.3
 渡る川と搬器です。ほんの少しだけ川の方に向かって動かしていただきました。ありがとうございます。


(’09年03月20、21日取材、未走破(全て貨物用))

No comments:

Post a Comment