Saturday, July 02, 2011

飯豊町 飯豊町手ノ子スキー場

○公式HP
 タイトルをclick!
 飯豊町のHPには公式情報はないようです。
 観光協会のHPへリンクしています。

○場所
 山形県西置賜郡飯豊町大字手ノ子2555
 手ノ子駅より1km
 tel.0238(75)2811

○リフト(取材日現在)
 ・シュレップ(1):シュレップ(445m)
 (太字は筆者の走破線区)

Tenoko skiing ground, guidemap
Tenoko skiing ground, guidemap, a photo by h3f3f on Flickr.
○走破記
 アンマリーナ玉庭から諏訪峠を越えてきました。途中で道を間違えて米坂線の手ノ子駅の周りをクルクル廻ってしまいました。ちょうど米坂線ではキハ52のラストランということで鉄道マニアらしい方々が三脚をたくさん立てていました。スキー場は手ノ子地区の街の外れにあり豊かな田園地帯を走って到達します。
 スキー場のリフト構成は、455mと比較的長めのシュレップとロープトゥのみとなっている。山頂側に向かってシュレップの右側にはコースが2つありそれらがいずれも中級コース、シュレップの左側には上級コースがある。上級と言ってもしっかり圧雪してある。さらにその左側にはロープトゥがあり初級というより子供用のゲレンデがある。
 リフト料金は写真を撮ってきましたのでそちらをご覧下さい。料金で特筆するべきは、ここには1回券の設定がなく、メグラーにはたいへん厳しい?料金設定となっている。でもシュレップは楽しいから、メグラーの人も回数券を買って、ぜひ元を取ってほしい(何故か上から目線?)
 利用者は多くシュレップには順番待ちの列が出来ており賑わっていました。筆者も回数券を買って滑りました。めんどくさかったので、改札係の人に回数券を預けて適当に切ってもらいました。このスキー場に来た時には、天気が悪かったのですが、徐々に晴れてとってもよい天気になりました。
 さて、この旅行もこれでおしまい、赤湯駅から新幹線に乗りとんぼ帰りです。また、明日から仕事ですよ〜。

これ以外の写真はこちらです。


○手ノ子スキー場全景
 この写真に初級ゲレンデを除く、ゲレンデのほとんどが写っています。


○シュレップ山麓駅
 乗り場の改札をくぐって、乗り場の正面には乗り方の説明板が出ています。いい味出してるでしょ?
 (1)乗り場でバットを持って予告ホームラン。(2)そのバットをまたに思いっきり突き刺し(3)イテテテ
とか変なことを考えながら。シュレップを待ちます。


○シュレップ山頂駅
 シュレップの山頂だと滑車まで写らないのが残念ですね。前にある沢山のポールはシュレップが飛んで来て人に当たらないようにしてくれています。


(メモ)
 docatさんのブログHappy go Lucky guyには手ノ子スキー場の動画が掲載されています。こちらです。

(’09年03月01日取材)

No comments:

Post a Comment