Saturday, September 03, 2011

箱根ロープウェイ 大涌谷−姥子−桃源台(2516m)

○公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・複式単線自動循環式(循環式フニテル)
 ・開業:'59/12/06
  Ⅰ期線:'02/06/01(フニテル方式での運行開始)
  Ⅱ期線:'07/06/01(フニテル方式での運行開始)

○場所
 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
 (アンカーは駅を指していません)
 同箱根ロープウェイⅠ期線より連絡
 tel.0460(84)8437

○取材記
 大和屋ホテルに引き続いて、U君さんとe46さんに同行していただいてます。
 一行は箱根登山鉄道、鋼索線を経て、ここ箱根ロープウェイを目指します。ここの読者ならご承知のとおり、箱根ロープウェイは老朽化と輸送力不足の改善の為に、循環式フニテルに架け替えられています。このうち、筆者は大涌谷〜桃源台間の’07年に架替えられた区間(Ⅱ期線)には、まだ乗ってないので行ってみることにした。
 先ずはⅠ期線に乗り大涌谷駅を目指します。天気は晴天とはいきませんでしたが、視界は良好で大涌谷がちょっと怖いほど良く見えていました。同乗のグループからは歓声?が上がっていました。
 大涌谷で乗換え、(本ページの目玉の)いよいよⅡ期線に入ります、新しく作られた乗換え通路を通って新しく出来た乗場へ、こちらの乗場は人が入り込まないようにガラス張りになっています。こちらはⅠ期線区間に比べて乗車する人が少ないようで、たいした待ちもなくすぐに乗れました。搬器はⅠ期線のものと同じように見えて意外と違っています。一番大きく違うのは扉ですかね(仕様の比較も公式ページにありますね〜)。さて姥子で途中下車。
 姥子には、駅前に開業時からのゴンドラ保存されており、この為の整備も終わったらしいと聞いたからだ。保存車両には数年前まで現役だった車両があり、なつかしくもあった。
 このあと桃源台まで、引続き乗車してこの日の目的は達成となった。一行はそのまま折り返して東京へ向かうはずが、途中で焼売が食べたくなり横浜で一杯やったとかやらなかったとか…

 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(メモ)
 公式HPが至れり尽くせりの仕様になっていて、フニテルとはなにか?に始まり、歴史、オリジナルグッズの通販から、フリー画像のご提供まで、とっても、くすぐられます。
 実は前からずーとほしい、’"電動"くるくるゴンドラパーク’が通販で売られてる…
 (取材日にも売場で相当悩みましたがw)
 
(’09年05月31日第2回取材、’97年10月19日走破(旧線))

No comments:

Post a Comment