Friday, September 23, 2011

近畿日本鉄道 葛城山地内(1421m)

○公式HP
 公式HPはありません。近鉄のHPへリンクします。タイトルをclick!

○DATA
 ・三線交走式
 ・開業:'67/03/26

○場所
 奈良県御所市櫛羅2503-1
 tel.0745(62)4341

○取材記
 前日宿泊したBHがJRなんば駅の至近だったので、今日はJRで行ってみることにする。行き先はここ。ブログのタイトルは鉄道要覧の記載どおりになっていますが、それは勿論、近鉄葛城山ロープウェイのことです。
 筆者はこの地には’99年08月に訪れていますが、この時はろくろく写真も撮らずにただ乗って往復していたのでろくな写真が残っていない。今回はもう少し綺麗な写真を撮ろうとすることにする。
 さてJRは高田までは乗換えなしでいい調子したが、高田で和歌山線が50分待ち。だんだんと雨も強くなって来て気分もブルーになる。無人のJRの御所駅に着いて、近鉄の駅前から出る葛城山ロープウェイ行きのバスに乗る為に近鉄の駅まで歩くと、そのバスは目の前で行ってしまった。次の40分後のバスまで待つ気にはならず、その足でタクシー乗場へ行き、ロープウェイの山麓駅まで行ってもらう。さすがにタクシーは俊足で路線バスを追い越して、山麓駅には9時前には着いた。
 ロープウェイは始発が9時10分らしく、まだ駅員さんが始業の準備をしていた。少し雨が小降りになってきたので駅の廻りを撮影しなどして時間をつぶした。開店した売店をひやかすなどして、暇を持て余し始めたころやっと改札が始まる。あいにくの天候で客は少ないかとおもったが、そうでもなく、登山(いやトレッキング)らしき団体様が同乗し結構な大賑わいとなった。筆者はすれ違う搬器を撮影しようとするが霧が深く対向する搬器が全く見えなかった。
 山頂駅に着くと雨は小雨だったので、葛城山頂まで行ってみることにする。山頂の白樺食堂までは木陰が続き雨も小康状態だったけど、ここから山頂に向けて歩き始めたところ、だんだんと雨が強くなって来たので、山上の標示までなんとか行って、タッチアンドゴーして急いでロープウェイの山頂駅まで戻って来た。駅に着く頃にはすっかりどしゃ降りとなっていた。このまま駅にいてもすることがないので、そのままロープウェイで下山ことにする。下山の搬器内でビデオを廻してみたが、どこまで行っても霧で真っ白な動画が撮れただけだった。
 天候に恵まれず、綺麗な写真は撮れなかった。搬器もろくろく撮影出来なかったのでせめてもと思い、山麓駅の駅員氏にお願いして、駅構内から撮影させていただきました。ご協力ありがとうございました。
 このあとは吉野へ行こうと思う。路線バスに乗り近鉄御所駅に着く頃には何故か太陽が出て来ていた(なんだかな〜)。

 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。
 
(’09年08年09日第2回取材、’99年08月13日取材)

No comments:

Post a Comment