Monday, January 12, 2015

福井和泉リゾート 和泉スキー場

○公式HP
 タイトルをclick!

○場所
 福井県大野市朝日前坂27
 九頭竜湖駅から8km
 tel.0779(78)2711

○リフト(取材日現在)
 ・単線自動循環式特殊索道(1):第1高速(889m)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):第1ロマンス(662m)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 大倉岳高原スキー場から約100kmのドライブで閉場寸前の福井和泉スキー場に滑り込みました。大倉岳高原から福井県へ抜けるには国道416号を南下すると福井県勝山市へ抜けられそうに見えますが、このルートは除雪以前の問題でそもそもまだ開通していなく走ることが出来ない。でやっぱり大回りするルートしかなく、一旦福井市へ出てから南下することになった。
 さて、この福井和泉スキー場は高速クワッドリフトとペアリフト2本構成のスキー場で、かつてのコクド〜プリンスホテル系のスキー場で、コース構成をはじめにその色合いがいたるところに残っています。代表的なところでは、第1高速リフトの山麓駅に貼り付けられた円形のワッペン(図柄は当時とは変わっています)、そして全国統一フォーマットのコースガイド、そしてスキー場内のいろんな案内サインなどです。
 そして、なによりそれらしいのが、こんな山奥にあるのにも拘わらず、ゲレンデは緩やかでコース幅が広くゆったりとしていて、のんびりスキーに向いているところです。そのぶん上級者には少し物足りないかもしれないところですが(コースを選べばいいのかな??)。連日のスキーでお疲れモードの筆者(そこがそもそも可笑しいと言われそうですが)には程よかったです。
 ひととおり滑ったところで、ゲレ食で一服してから、福井市内のBHにしけこもうと思います。
 と思ったら、沿道にあった勝原スキー場につながる道に誘惑され、路駐して雪に足跡などを付けて入り込もうとしましたが、路駐には道幅が狭く、通行障害になる可能性があったので、奥まで入り込むには時間が足りないなと判断して戻ってきました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○第1高速リフト 搬器
 このスキー場に来たら、全ての人がこの高速リフトに乗ります。でないと何もできません。
 旧プリンスホテル系のスキー場らしい、ダラダラのコースが並走しています。

○第1ロマンスリフト 山麓駅
 そして、中級者以上はこのかまぼこ型の言動緊張装置がお出迎えしてくれます。
 勿論、安全索道さんの作品です。

○第1ロマンスリフト 山頂駅
 そして、一番上までくるとこの素晴らしい景色。
 望む遠景は岐阜県です。すぐ近くなのですが冬季は除雪されない区間があるので、実際に行くには遥かな大回りになります。

(’12年01月01日取材)

No comments:

Post a Comment