Saturday, January 31, 2015

勝山観光施設 雁ヶ原スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 福井県勝山市170-11-1
 勝山駅から4.5km
 tel.0779(88)1616

○リフト(取材日現在)
 ・単線自動循環式特殊索道(1):クワッド(700m)
 ・単線固定循環式特殊索道(3):第1パラレルA(299m)、第1パラレルB(309m)、
                 第2(339m)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 莇生田スキー場(あら?一発変換だw)をあとに、次にここ雁ヶ原スキー場に来ました。
 勝山市内から近くリフト5本を擁する大きなスキー場〜♪と思ってきたのですが〜、この日動いていたリフトは、クワッドリフトと第1パラレルAリフトのわずかに2線だけでした。おまけに第3リフトはこの年は休止(現在は廃止)になっていました。でも何故かゲレンデにあるガイドには掲載されていました。腑に落ちないので、係員氏に聞いてみたところ、にべもなく「1と2だけ」と言われました(どういう意味だろう?)。
 リフトは全て太平索道製の少し年期の入ったもので、’84年製のシングルリフトと’91年製のクワッドリフトで構成されています。リフトを含めて設備が全体的に古く、先行きが心配になりました。でもスキー場は意外と賑わっていました、近年では市街地から近い特性を生かしてナイター営業に力を入れて集客を伸ばしているようです。滑走しやすいコースが多く練習ゲレンデには最適かもしれません。
 このあとジャム勝へ行く予定なので、時間を気にしながら、ひととおり廻ってスキー場をあとにしました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○クワッドリフト、第1ペアリフトAB 山麓駅
 ゲレンデのベースです。
 ’84年製のシングルパラレルリフトと’91年製のクワッド高速リフトが仲良く並んで設置されています。この時は残念ながら第1パラレルB線が運休でした。本当の多客時にしか動かないのでしょうかね?
 リフトには太平索道のシールが貼ってありました。

○第2リフト 山麓駅
 第1パラレルリフトで上がると、第2リフトに接続しています。かつてはこの上に第3リフトがあったようですが、現在は廃止になっていて、ゲレンデマップの上の方が微妙に空いています(スキー場内のものにはまだリフトが書かれたままのものもありました)。

○クワッドリフト、第2リフト 山頂駅
 かなり頭の重たそうなクワッドリフトの山頂駅。’91年製と少し骨董入っています。

(’12年01月02日取材)

No comments:

Post a Comment