Sunday, June 21, 2015

朽木むらおこし公社 朽木スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 滋賀県高島市朽木宮前坊180-1
 近江高島駅から11km
 tel.0740(38)2323

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(3):第1ペア(628m)、第2ペア(390m)
                 第3(276m)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 国境スキー場を早めに切り上げ、この日2箇所目は朽木スキー場。旧朽木村、現在の高島市にあります。
 駐車場のところに看板があり、全リフトシングルリフトと書かれているが、実際は近年(というかこの年に?)改修されたのか第1ペア、第2ぺアともにかなり新しいしかもペアリフトが架かっている。高島市の予算によって手が入れられたのであろうか?
 シングルリフトとして唯一残ったのが第3リフトで、このスキー場随一の急斜面のコースに架かるリフトで、上級者専用のリフトとなっていました。
 そして、スキー場の一番のトップに行くリフトが第2ペアリフトで、山頂からは琵琶湖越しに富士山の綺麗な稜線が見えていました。山頂からの景色を見た時には”滋賀県で富士山?まさか?”と思ったが、それは富士山以外には考えられない稜線で、まさに驚きでした(あとでググったら、旧朽木村からは富士山が見えるようで、朽木城などがそのスポットとして有名なようです)。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○第1ペアリフト 山麓駅
 先ずは駐車場の目の前にある、第1ペアリフトです。

○第3リフト 山麓駅
 リフト伝いに奥に行き、スキーセンターからは再奥になる、第3リフトです。
 この写真の手前はすぐに駐車場なので、上級コースだけが目当ての人はここの前に停めて、滑走という使い方もできそうですが、リフト券を予め調達しておく必要があります。こんな奥に停めても駐車料金1000円も取られるのは、なんか納得いきませんが。
○第2ペアリフト 山頂駅
 第2ペアリフトの山頂駅です。琵琶湖越しに富士山が綺麗に見えていました。
 

(’12年01月22日取材)

No comments:

Post a Comment