Saturday, February 13, 2016

比布町 ぴっぷスキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道上川郡比布町北7線17号
 比布駅から11km
 tel.0166(85)3056

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(6):第1(541m)、第2ペアパラA(617m)、
          第2ペアパラB(617m)、第3パラレルA(440m)、
          第3パラレルB(440m)、第6ペア(1181m)
 ・ロープトゥ(1):第4ロープトゥ(?m)
 (太字は筆者の走破線区)

Pippu skiing ground No.1 chairlift, basestation
○走破記
 この日は道東スキーツアー最終日。最初はぴっぷスキー場からスタート。前泊でこのスキー場の隣にある町営ホテル?に宿泊したので、ちょっとの移動ですぐに到着。
 何かの大会があるらしく、第6ペアリフトの山麓駅脇には表彰台が準備されていた。スキー場は思いのほか広く第1〜第3と第6のパラレルリフトの計6基のリフトと第4と呼ばれるロープトゥがある。この日は第3パラレルBリフト以外のすべてが運転されていました。正確に言うと第2ペアパラBリフトは早朝には動いていなかったのですが、リフトの行列がひどくなってきたのか?途中(10時ごろ?)から動きだした。ということで筆者としては第3パラレルBだけが未乗として残った形。
 第1ペアリフトの山頂駅からのコースは非圧雪のコースとなっている。昨日、結構な量な雪が降っていたので、見たところ平っぽく滑りやすそうに見えたので入ってみた。さすがに北海道の新雪はパラパラで筆者の腕前でも滑れるコースになっていた。それとこの第1ペアリフトで不思議だったのは、第4ロープトゥと並行して架けられているが、これが何故かロープトゥの方が運転速度が速く、リフトに乗っていると、ロープトゥにどんどん抜かれていく。
 さて、スキー場も堪能したところで、次へ向かおうと思う。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Pippu skiing ground No.2 pair parallel AB chairlift, basestation
○第2ペアパラリフト 山麓駅
 スキー場中央のスキーセンター前に位置する第2ペアパラリフト。正式名称がペアパラなのですが、コースガイドなどの案内には全てペアパラレルリフトと省略なしで記載されています。

Pippu skiing ground No.3 parallel AB chairlift, basestation
○第3パラレルリフト 山麓駅
 第3ペアパラレルリフトはこのスキー場の最上部に架けられているリフト。写真の奥のB線が運休でした。見ると動かした跡もあるようで、今季運休というわけではなさそうです。

Pippu skiing ground No.6 pair chairlift, basestation
○第6ペアリフト 山麓駅
 駐車場から一番近いリフトがこの第6ペアリフト。いきなり第6なんて言うからどんな広さのスキー場かと思いました。

(’12年03月03日取材)

No comments:

Post a Comment