Saturday, September 26, 2015

オビス 網走レークビュースキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
  北海道網走市字呼人28-3
 網走駅から5km
 tel.0152(48)2550

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):第2(900m)
 ・廃止(1):第1(602m)(単線固定循環式特殊索道)
 (太字は筆者の走破線区)

Abashiri lakeview skiing ground No.2 chairlift, ski slope
○走破記
 網走市内のBHからメグラー活動をスタートし、佐呂間町営スキー場と北見若松市民スキー場で軽く滑って、ここは本日3箇所目。実は筆者このスキー場も以前に来たことがあるのですが、その時は悪天候のため営業していませんでした。さて、今回は多分大丈夫かな?と思いつつ。
 ticket売り場へ。ここが今日最後のスキー場となるかなと思い、2時間券というのがあったので買おうとすると、係員氏が”本日は強風ですので、途中でリフトが運転中止になっても払い戻しが出来ませんがよろしいですか?”と念を押された。そんなことを聞かれてもここではヤメるわけにはいかないのです。では風が強くならないうちに早速ゲレンデへ。
 すぐに第2リフトに乗りさ山頂へ。山頂からは凍結する網走湖が綺麗に見えどこまでも滑走できそうに見える。結局数回の滑走でここは切り上げ。せっかく2時間券を買ったのに、残念ながら元は取れませんでした。
 ゲレンデには稼働中の第2リフトの他に、もう何年も動いていないと思われる第1リフトがまだ撤去されずに残っていました。家に戻って記録を調べたらとっくに廃止されていたものでした。さて、ホテルに戻りますか。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Abashiri lakeview skiing ground No.1 chairlift, basestation
○第1リフト 山麓駅
 既に廃止となっている第1リフト山麓駅です。なぜか撤去されずにそのまま残されています。

Abashiri lakeview skiing ground No.2 chairlift, basestation
○第2リフト 山麓駅
 こちらがこのスキー場で稼働している唯一のリフトです。
 運転室には仕様掲示がデカデカと貼られています。

Abashiri lakeview skiing ground No.2 chairlift, Mt.topstation
○第2リフト 山頂駅
 ’第2リフトの山頂駅です。特徴的なカバーが印象的なので普段とは違う角度から狙って見ました。

(’12年02月27日第2回取材、’05年12月26日取材)

No comments:

Post a Comment