Saturday, October 31, 2015

大辻産業 留辺蘂町八方台スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道北見市留辺蘂町旭公園74
 留辺蘂駅から3km
 tel.0157(42)2750

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):留辺蘂町八方台スキー場(457m)
 (太字は筆者の走破線区)

Happodai skiing ground chairlift, a whole vie
○走破記
 この日は、北見市内のホテルを出発し、斜里町ウナベツスキー場、ノーザンアークリゾートと巡り、ここで3か所め。
 スキー場は、リフト1本が架かる初級主体のゲレンデです。筆者が着いたときには時間が遅かったからか既にゲレンデには滑走者の姿はなく遅かったかな?と思ったが、筆者がリフトに近づいていくとリフトが動き始めた。16時からはナイター営業とのことだったが、この日はとても明るくこの時間を過ぎてもナイター照明がつくことはなかった。
 筆者が山頂駅で怪しげな?写真を撮っていると、やっとひと組の親子連れがやってきて、山頂駅から後ろの方へ延びる初級コースを降りて行っていた。面白そうなので筆者も1本目の滑走はそちらへ降りて行ってみました。このコースはナイター照明がないらしく16時でコース閉鎖ですとの説明を受けた。この後購入した数枚のリフト券を消化すべくガツガツ滑走した。
 滑走し終えて、スキーセンターへ戻ってなんか食べるものがないかな?と物色するも、食堂の営業はなかった。売店へ行ってみると、肉まん、あんまんが売られていたが、なんとそれは予約制だという。聞いてみると、滑走前に売店で予約注文しておくのだとか、そう聞くとなんだか無性に肉まんが食べたくなりつつゲレンデを後にした。今日はここまで。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

(メモ)
 筆者は思わず、え?ここが北見市?と思った。
 ここも’06年の平成の大合併により北見市、端野町、常呂町、留辺蘂町の1市3町が合併して現在の北見市になっています。これにより新しい市域は大変広いものとなっていて、旭川側から国道39号線沿いに走ると上川総合振興局(旧上川支庁)の上川町を抜け石北峠を越えると同時にもう北見市に入ります。そこから110kmの間ず〜と北見市内を走ることになり、やっと市域を抜けたと思ったらもうそこは網走市です。
 また、’10年には北海道の14の支庁を9の総合振興局とする改組が行われ、旧網走支庁は、オホーツク総合振興局となっています。

Happodai skiing ground, ski center
○スキーセンター
 給仕の設備はありますが、食堂の営業はありません。
 売店では肉まん、あんまんの販売がありますが予約制となっています。

Happodai skiing ground chairlift, basestation
○リフト 山麓駅
 時間が遅かったせいか、ゲレンデは貸切のようです。
 北海道のスキー場は貸切になることが多いですね。まさにスキー天国。

Happodai skiing ground chairlift, Mt.topstation
○リフト 山頂駅
 山頂までくると夕焼けの時間。適当に何本か滑走して帰りましょう。

(’12年02月28日取材)

No comments:

Post a Comment