Sunday, November 29, 2015

興部町 興部町営スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道紋別郡興部町字北興38-2
 遠軽駅から73km
 tel.0158(82)4000

○リフト(取材日現在)
 ・シュレップ(1):興部町営スキー場(336m)
 (太字は筆者の走破線区)

Okoppe municipal skiing ground, ski center
○走破記
 紋別市内のBHに泊まり、この日最初は興部町営スキー場へ。
 ここには今や絶滅危惧種となったシュレップリフトがある。今日は少し遅めにBHを出発したのですがスキー場には9時前には着いた。ところが駐車場には車は一台もなく、リフトも動いていなかった。変だな?と思いレストハウスの方へ行ってみると、そこには貼り紙があり、”3月から平日の営業はナイター(18時〜21時)のみ”との案内でした。
 ということで昼間の時間は他へ行くことにする。
 ナイター時間まで待って再び、ここに戻ってきた。ちょうど18時前でリフトが試運転を始めていて、係員がスノーモービルでリフトの支柱廻りを中心に点検を行っていた。そしてそろそろ18時。筆者はリフト券を買うべく、リフト券売り場へ待つ事しばしやっと係員氏が現れたので、筆者は”1回券5枚下さい”と500円を差し出すと、係員氏は”100円の1回券でリフトに2回乗る事ができます”というのです。という事で300円を支払い1回券3枚(6回分)を購入した。係員氏に”春シーズンだから特別料金なんですか?”と聞いてみると、”いいえ、通年この価格ですよ”とのこと。いろんなスキー場に行ったが1回券で2回滑走できるところは他にはないのではないかと思う(ポイント制のリフト券で1回リフトに乗るのにリフト券が2枚や3枚必要なスキー場は今までにありましたが)。
 シュレップリフトにしては長めの336mでコースもこれに並行して設定されている一枚バーンです。そのほかの写真の方に入れてありますが、スキー場の案内図はその一枚バーンを見事に?表現しています。図として必要なのかどうかは不明ですが(笑)。スキー場の案内には、そして山頂からはオホーツク海の流氷が見られるとありますが、ナイター営業では興部町の町の明かり越しにあの先がオホーツク海なんだろうな〜という暗い空間が望めます。
 しかし、ナイタースキーはやっぱり冷えますね。早めに切り上げで紋別市内のBHに戻ろうと思う。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Okoppe municipal skiing ground schlepp, basestation
○リフト 山麓駅
 これがシュレップリフトの山麓駅です。営業時間外だったのでゆっくりと観察できました。
 駅舎には誇らしげに”丙種特殊索道事業”と書かれています。

Okoppe municipal skiing ground schlepp, baseMt.topstation
○リフト 山頂駅
 シュレップは山頂駅の写真が撮りにくいですよね。何を狙っていいのかもよく分からないし(笑)。
 光に反射して降雪がすごいことがわかりますかねぇ〜

Okoppe municipal skiing ground schlepp, ski slope
○山頂駅から望むゲレンデと興部市街地
 1枚バーンのゲレンデ。そして興部市街地。
 時間が遅くなるに従ってだんだんと滑走者が増えてきました。でもシュレップに行列ができるということはなかったです。地元の方はガツガツ滑るというよりは、スキルを磨く方に力点を置かれている人が多いように見えました。

(’12年03月01日取材)

No comments:

Post a Comment