Wednesday, June 22, 2016

マックアースリゾート北海道 スノークルーズ・オーンズ

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道小樽市春香357
 銭函駅から3.0km
 tel.0134(62)2424

○リフト(取材日現在)
 ・単線自動循環式特殊索道(1):オーンズクワッド(829m)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):オーンズA(410m)
 (太字は筆者の走破線区)

Snow cruise ONZE skiing ground, ski center
○走破記
 この日は小樽市内のBHを出発し市内観光をしてから、小樽天狗山を経由して、ここが2ヶ所目。札樽道へ上がると3月も末だというのに激しい雪で車は視界不良、運転にはとっても気を使いました。春先の雪は水分多めで滑るしね。
 そしてスキー場、やっぱり雪。早速リフト券売り場を覗くとリフト券は1枚500円と結構高値に感じた。高速リフトだけならその価格もわからなくないのだが、普通のリフトもそれかな?と思い、係員へ聞こうと思ったが春シーズンのこの日はオーンズAリフトは運休となっていたので、聞いても無意味と思いやめました。
 さて、onze(オーンズ)とは、フランス語で11という意味だそうで、ここはとっても11にこだわったスキー場。例えば毎月11日はオーンズデーとして特別割引があったり、ナイター営業は11時までだったり、そしてスキー場のオープンが11月11日と決められていたりと行った具合だ。
 筆者はリフト券(1回券)を数枚購入して、日本海を望むコースを堪能させていただきました。次はいつこれるかな?

(メモ)
 筆者の滑走したこの日は’11−’12年シーズン最後の営業日でした。ゲレンデには特にこれと行った表示はなく、ごく普通のシーズン終了…というか、こんなに雪がいっぱいあるのに?本当に終わるの?と思ったぐらいだった。
 そしてシーズン終了後に、突然にこのゲレンデの閉鎖が突然発表されていました。幸いにもその後の存続を望むファンによる署名活動を経て、救いの女神(マックアースグループ)が現れ、翌シーズンからの復活営業を果たしています。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Snow cruise ONZE skiing ground ONZE A chairlift, basestation
○オーンズAリフト 山麓駅
 こちらは春シーズンに運休となりオーンズAリフトです。リフト沿いはボードパークになっています。このリフトが運休している春シーズンはパーク利用はクワッドリフトでのアクセスとなるので面倒くさそうでした。

Snow cruise ONZE skiing ground quad chairlift, basestation
○オーンズクワッドリフト 山麓駅
 ゲレンデ名が大きく描かれた山麓駅です。車庫線を併設しています。

Snow cruise ONZE skiing ground quad chairlift, Mt.topstation
○オーンズクワッドリフト 山頂駅
 山頂駅からは日本海の眺望が期待できます。多くの人出のある都市型スキー場なんですね。

(’12年03月25日取材)

No comments:

Post a Comment