Monday, July 18, 2016

津南高原開発 ニュー・グリーンピア津南スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 新潟県津南町秋成12300
 津南駅から14km
 tel.025(765)4611

○リフト(取材日現在)
 ・単線自動循環式特殊索道(1):第6高速ペア(972m)
 ・単線固定循環式特殊索道(3):第1ペア(419m)、第2ペア(638m)
         第4ペア(382m)
 ・休止中(1):第3ペア(530m)(単線固定循環式特殊索道)
 (太字は筆者の走破線区)

New green peer Tsunan skiing ground No.1 pair chairlift, basestation
○走破記
 今日もメグラー活動を実施中、目的地は新潟。六日町スキーリゾート、松代ファミリーに続いてここが今日3か所目。
 スキー場に着くも雨がひどくなってきたので、一旦ホテル側へ入って昼食とする。ふんぎりがつかずレストランでウダウダしていると雨が次第に雪になってきたのでゲレンデへ。
 スキー場には休止中の第3ペアリフトを含めて5線のリフトがある。山頂側に向かって右手側から第1ペア、第2ペア、第3ペア、そして山頂側に第4ペアと第6高速ペアとある。そのうちこの日は第4ペアリフトが運休と表示されていた。
 それにしてもさすがに津南町、もう明日から4月だというのにこの大雪。たださすがに時期的に水分の多い雪でゲレンデにいるとウエアに染み込んでずぶ濡れになる。その雪は重く滑りにくく固まってゲレンデがボコボコになって始末に悪い。もっとハイシーズンに来訪すれば満足な感想も書けるのだろうけど(本当に申し訳ない)。この雪で足がクタクタになったので一通り回っただけで終了とした。
 春の雪は、筆者の旧式のフイルムカメラには大敵で、朝方の松代ファミリースキー場で雨を浴び、湿気を乾かして、なんとか復活したかな?と思って持ち出したらこのスキー場で数枚撮ったところで、ついにお亡くなり(帰宅後修理に出ました)になりました。このゲレンデでは全てコンパクトカメラでの撮影となっています。このコンパクトの方もレンズに雪がついてしまって、一部の写真が染みたようになっていますが、お許しくださいませ。
 この日はこれにて宿に向かいます。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


New green peer Tsunan skiing ground No.2 pair chairlift, basestation
○第2ペアリフト 山麓駅
 せっかく持ってきたフイルムカメラですが、今朝の松代スキー場での大雨を浴び、この日はこれを1枚撮ったらお亡くなりになりました。
 リフトはご覧の通りのかまぼこ型の原動緊張機を製造するメーカーのものです。

New green peer Tsunan skiing ground No.3 pair chairlift, Mt.topstation
○第3ペアリフト 山頂駅
 休止中の第3ペアリフトの山頂駅。
 搬器が不思議な形になっていて、何かに使うのかな?

New green peer Tsunan skiing ground No.6 high speed pair chairlift, Mt.topstation
○第6高速ペアリフト 山頂駅
 そして山頂駅まで来ました。3月も末だというのにこの吹雪。
 遭難しないうちに戻りましょう。このリフトの車庫線は山麓側にありましたよ。

(’12年03月31日取材)

No comments:

Post a Comment