Saturday, July 30, 2016

冨達観光 中里スノーウッドスキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽4707-1
 越後中里駅から0.5km
 tel.025(787)7002(宿泊予約専用)

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(2):第1ロマンス(416m)、第4ロマンス(458m)
          (第4ロマンスの中間駅から上部は未乗)
 (太字は筆者の走破線区)

Nakazato snow wood skiing ground No.1 romance chairlift, basestation
○走破記
 スキー場ツアー2日目、ホテルの出発が遅れながらも、ルーデンス湯沢スキー場へ行き。ここが2か所目。
 ホテル前にあったホテルの駐車場へ車を入れる。ここに入れていいのかどうかは案内がなかったので正直のところわからない。めでたいことに駐車場は無料だったので、ここから中里スノーウッドスキー場とゲレンデが繋がっている、湯沢中里スキー場まで遠征しようと思う。
 駐車場からゲレンデへはホテル内を通り抜けていくので、そこの案内所でゲレンデガイドのようなものはないですか?と聞いてみるもコースは1本しかないので、ここに貼ってあるのを見てもらうだけですとのお答えをいただきました。これではどこから湯沢中里スキー場へ行っていいのかわからないので、少し粘っているとなぜか湯沢中里スキー場だけのコースガイドをくれました。すみませんご迷惑をおかけしております。
 で?このスキー場のリフト券売り場は?というとホテルから結構登った上の方のリフト乗り場のすぐ近くにありました。このスキー場子供達が多いのですが、リフトには乗らずこのリフトのない上り坂のエリアで遊んでいる人々が多く大混雑していました。そしてリフトに乗車する人も多く、第1ロマンスリフトはこの2つのスキー場の中で最も長い行列ができていました。これに乗らないことにはどこにも行けないのでしばし我慢して並びます。
 ゲレンデには全部で2本のリフトが架けられていて、山麓側から第1ロマンス、第4ロマンスの順で山頂側の第4ロマンスには中間駅がある構成となっています。コースは中級コースが主体の1本コースで、よく整備されたコースをみんなで同じコースを滑走する楽しい?ゲレンデでした。
 筆者は第1ロマンスリフトから第4ロマンスリフトへ乗り継ごうとして、1回券を第4ロマンスリフトの山麓駅で出すと、係員氏は”中間駅から上部は運休ですがよろしいですか?”と確認してきました。確かに1回券300円で中間駅までの乗車では勿体無い気がします。でも、筆者は乗らなくてはならないのです。なぜならメグラー(笑)だから。
 そして中間駅に到着。そのまま麓まで滑走で降りて、湯沢中里スキー場の連絡コースへそのまま滑って行きました。このコースとっても平坦でかなり疲れました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


Nakazato snow wood skiing ground No.1 romance chairlift, Mt.topstation
○第1ロマンスリフト 山頂駅
 ホテルの利用客が多いのでしょうか・激混みの第1ロマンスリフトの山頂駅です。
 ここで第4ロマンスリフトとT字型に連絡しています。

Nakazato snow wood skiing ground No.4 romance chairlift, basestation
○第4ロマンスリフト 山麓駅
 こちらは第4ロマンスリフトの山麓駅。
 昔いろんなところで見たような、リフトの乗車方法の案内板が目を引きます。

Nakazato snow wood skiing ground No.4 romance chairlift, ski slope
○第4ロマンスリフト スキーコース
 第4ロマンスリフト中間駅から望むスキーコースの全景。
 ここから上部のコースは閉鎖になっていました。

(’12年04月01日取材)

No comments:

Post a Comment