Saturday, June 03, 2017

日高町 日高国際スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道沙流郡日高町富岡444-1
 占冠駅から18km
 tel.01457(6)2258

○路線(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(4):第1ペア(598m)、第2ペア(553m)、
                 第3(464m)、第4(450m)
 (太字は筆者の走破線区)

Hidakakokusai skiing ground No.1 pair chairlift, basestation
○走破記
 南幌町の温泉ホテルを早めに出て、今日最初に行くのは日高国際スキー場。’11年10月に道東道の夕張〜占冠間が開通して格段に便利になった日高。まだカーナビにも入ってなくて訳のわからないルートを案内してくれていて閉口するが、なんとか由仁から道東道にあがる。高速がまだできたばかりの感じでとっても綺麗でした。しかもほとんどトンネル。結局スキー場についたのはナビの案内時間より約2時間繰り上がりました。道東道イイネ。そもそも高速がなければアクセスが大変だったわけで、今後の発展が期待されます?
 さてこの週末は天気予報では大荒れでしたが、幸いなことにここまで大きな乱れもなく、順調に旅程が推移していてラッキーです。この北海道も場所によっては大荒れだったらしく、たまたまのコース選択の賜物でした。
 ゲレンデは第1、第2それぞれペアリフトと第3、第4それぞれシングルリフトが縦(直列)に配置されて奥行きのあるゲレンデになっています。標高が高く雪質がいい感じがしました。スキー場の係員氏のお話によれば、今年は異常でこんなに雪の量そして寒さになることはないと言っておられました。
 筆者は12回の回数券を買って滑走しましたが、1本のリフトが短めなのであっという間に全部使ってしまいました。爽快な滑走でよかったです。コースは上級コースなどもあるようでしたが、筆者はきっちりと圧雪されたコースを繰り返し滑りました。特に第4リフト山頂から見える日高連山がとてもよく、来てよかったなぁ〜と思いました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

(メモ)
 第3リフトと第4リフトはこの取材時の’12~’13年シーズン限りで、翌シーズンからは新しいペアリフト。第3ペア(452m)と第4ペア(513m)へ置き換えられました。

Hidakakokusai skiing ground No.2 pair chairlift, basestation
○第2ペアリフト 山麓駅
 リフトは全て日本ケーブルによるものです。第1ペアとこの第2ペアは’72年製の骨董品です。結構味があるでしょう?

Hidakakokusai skiing ground No.3 pair chairlift, basestation
○第3リフト 山麓駅
 こちらのリフトと第4リフト(いずれもシングル)は’78年製です。新しい方のリフトが先にリプレイスされるという不思議。

Hidakakokusai skiing ground No.4 pair chairlift, Mt.topstation
○第4リフト 山麓駅
 山頂に着きました。どうです?また行きたいな日高。

(’12年12月24日取材)

No comments:

Post a Comment