Tuesday, June 20, 2017

ダンケジャパン ほろたちスキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道雨竜郡幌加内町字長留内
 深川駅から46km
 tel.0165(35)3410

○路線(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):ほろたちスキー場(635m)
 (太字は筆者の走破線区)

Horotachi skiing ground chairlift, basestation
○走破記
 この日は東京から空路は旭川空港を使い、サンタプレゼントパークへ行き、ここが2箇所目。
 国道275号を北上し幌加内町内にあるスキー場へ、急な大雪で慎重な運転。そして少し暗くなってきていたので、もしかしたら休業?と思いつつスキー場に着きました。スキー場についてみると大雪の中でも兵庫県の団体がスキー練習をしていてゲレンデは営業中でした。
 ほろたちスキー場はリフト1本のみの地元密着のロコスキー場かと思いきやさにあらずで、非圧雪を売りにしたスキー場です。というのはここ幌加内町は戦後の国内の最低気温の記録-41.2度を記録したところで、そんな所の雪質が悪いわけがないということからきている。
 今日のゲレンデコンディションですが、先ほど紹介しましたように天候は大雪。本来は非圧雪のコースと中初級者向けの圧雪のコースとがあるのですが、まずこの日は初級者用の林間コースは閉鎖。そしてそれ以外の全てのコースが新設が高く積もった難易度の高いコースになっていました。もともとこのスキー場の性質から圧雪はあまりされておらず、しかもバーンは荒れ荒れでした。本来ならからまつコース(中級用コース、最大斜度26度)とほろたちコース(上級用コース、最大斜度44度)の2コースは見分けがつくらしいのですが、この日は全くのシームレスでした。筆者のようなヘナチョコにはかなりきつかったです。
 リフトはロマンスリフトが1本のみ、この日の稼働状況ではロマンスリフトである必要あるの?シングルで十分じゃね?というぐらいの滑走者しかいませんでした。もう少し天候が良いと違うのかもしれません。リフトのメーカーはよくわかりません。東索でしょうか。結局なんだかんだで営業終了の16時まで楽しませていただきました。
 今日の活動はここまでとして、宿に向かいました。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

Horotachi skiing ground chairlift, chairlift
○リフト 搬器
 変わった形の搬器ですが、メーカー銘板などはなく確認できませんでした。TOSAKUかな??

Horotachi skiing ground chairlift, Mt.topstation
○リフト 山頂駅
 山頂駅に着きました。バーンが荒れているのがこの写真でもよくわかりますね。

Horotachi skiing ground chairlift, a view from Mt.topstation
○リフト 山頂駅からの風景
 山頂駅からは幌加内町の中心街が望めます。珍しいでしょ上からの風景。地元の人にはなんでもないでしょうけど。
 写真がどれもアンダー気味なのは急な大雪で筆者の精神が安定していなかったから 草。同時に撮ったフルオートのコンデジもアンダー気味(何故?)だったので諦めました(orz)。

(’12年12月28日取材)

No comments:

Post a Comment