Saturday, February 02, 2013

日本リフトサービス 花岡スキー場

○公式HP
タイトルをclick!

○場所
 新潟県南魚沼市上野297−4
 石打駅から徒歩10分
 tel.025(783)4895

○リフト(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(1):花岡ペア(616m)
 (太字は筆者の走破線区)

○走破記
 Mt.グランビュースキー場を早めに切り上げ、ふたたびとぼとぼ歩いて、ここ石打花岡スキー場に到着。
 石打花岡スキー場は石打駅から徒歩10分と同駅から最も近いスキー場で、石打花岡旅館街に位置しています。石打花岡旅館街では多くのスキー客を呼び込もうと、すぐ近くにあるメジャーなゲレンデである石打丸山スキー場への送迎バスも運行しています。バスだとわずか数分の距離ですが。ここに泊まるとどちらのゲレンデも選べるよということです。
 スキー場は、ファミリー・キッズにやさしいミニゲレンデを売りにしています。小さい子供連れなら、このゲレンデはのんびりしていいかもしれません。ゲレンデには難コースはほとんどなく、ポールトレーニングに使われる正面のバーンも中級コースといったところでしょうか。
 筆者はICカード式リフト券に1回券を5コマ入れてもらって繰り返し滑りました。リフトに乗って滑っているのは、筆者の他にはストイックなレーサーが数人で、”スキー場を正しく利用するってこういうことなのかな?”と変な感想を抱きながら、購入したコマ数がなくなるまで滑りました。
 スキー場の規模の割にはゲレ食は充実していて、3軒(だったかな)の食堂が並んで営業しています。しかも結構繁盛しています。中には子供だけをゲレンデで遊ばせて、保護者はゲレ食で子供を見ながら休むという光景も見られます。そのためだか、なんとなく客数の割に常に混んでいるように見えて、空席が見当たらなかったりします。ゲレ食以外の休憩所もあって、それにはコンテナハウスが当てられています。こちらは意外と利用者が少なかったりします。
 さて、ここも早めに切り上げて次のスキー場へ向かいましょう。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。


○花岡ペアリフト、山麓駅
 非接触式のリフト券ゲートが設置されています。このスキー場にしては随分とおおげさな気がします。
 隣の石打丸山スキー場と同じシステムらしいのですが、リフト券は共通とはどこにも書いてありませんでした。よくわかりません。

○花岡ペアリフト、搬器
 花岡ペアリフトの搬器です。安索ですよね…日ケでした。
 よくみたら角パイプだし、くの字だしどこが安索?(>自分)という感じでした。訂正します(ハズカシ)。
 
○花岡ペアリフト、山頂駅
 花岡ペアリフトの山頂駅から、天気がいいと気持ちがいいですね。

(’10年03月22日取材)

2 comments:

  1. 日ケOEMで安索ではないですよ…
    原動装置に「日本リフトサービス」の銘板があったような…
    写真がすぐ出ないので、記憶ですみません…

    ReplyDelete
    Replies
    1. ありがとうございます。無知で申し訳ないのですが
      日本リフトサービスというのは日ケの関連会社なのでしょうか?

      Delete