Sunday, May 21, 2017

石狩スポーツ企画 石狩平原スキー場

○公式HP
 ここをclick!

○場所
 北海道石狩郡当別町弁華別3002
 石狩当別駅から5.0km
 tel.0133(23)1101

○路線(取材日現在)
 ・単線固定循環式特殊索道(2):第1(473m)、第2(270m)
 (太字は筆者の走破線区)

Ishikari heigen plain skiing ground, ski center
○走破記
 この日は新十津川の町営施設をスタートして、札沼線沿いは国道275号線に車を走らせ、1ヶ所目はここ(石狩平原スキー場)です。新十津川からは意外と距離があって着いた時には11時近かったです(新十津川駅で写真なんか撮っているからでしょ?>自分)。ここは、数あるスキー場の中でもとても珍しい”平原”を冠したスキー場です。札幌地区ではラジオCMが多数打たれていて有名です。
 今年の営業を12月22日、つまり取材日の前日に開始していていました。雪は多くあり無理に造雪したようではなさそうです。名前の平原の通り石狩平野の独立峰にスキー場を作った感じです。山はそれなりに高くて滑りがいのあるコースでした。スキー場にはリフトが2本架かっていて、駐車場から近い側が第2リフトでシングルリフトとなっていて上級者コースに繋がっています。奥にあるペアリフトが第1リフトでこのスキー場のメインゲレンデです。
 筆者は、第2リフトからの上級コースも滑走しました、結構な斜度があり(最大斜度は19度とありますが本当かな?もっとあるように見えるけど)コワイ感じですが、きちっと圧雪されていて、筆者のへなちょこでも降りる事ができました。
 さて、今日は予定が詰まっていて忙しいので、早めに次へ行きましょう。

 他の写真はこちらです。ブラウザの戻るボタンで戻ってきて下さい。

Ishikari heigen plain skiing ground No.1 chairlift, basestation
○第1リフト 山麓駅
 スキー場のメインはこのスキーセンター奥のペアリフト。のんびりと滑るには斜度も適度でいいです。
 リフトは日ケ、北海道のスキー場は仕様表がちゃんと乗り場にあって楽しいですね。

Ishikari heigen plain skiing ground No.2 chairlift, basestation
○第2リフト 山麓駅
 第2リフトは上級者コースへ直結のシングルリフト。駐車場から近い側にあるので気楽に乗りたくなりますが…

Ishikari heigen plain skiing ground No.1 chairlift, Mt.topstation
○第1リフト 山頂駅
 山頂駅から見えるのは石狩平野。石狩川そして月形町市街地。遠くまで見えてイイです。ちょっとボーっとしたくなります。

(’12年12月23日取材)

No comments:

Post a Comment