Saturday, June 30, 2012

富山ライトレール 富山港線(富山駅北−奥田中学校前)(1.1km)

○公式HP
 タイトルをclick!

○DATA
 ・普通鉄道(1067mm)
 ・開業:’05/04/29

○走破記
 富山市電を富山駅前で下車し、富山駅の南北連絡通路を通って富山駅北にある富山ライトレールの乗場に向かいました。雪がますます強くなっていて、本当に運転しているのか疑問でしたが、大雪の中でもライトレールは通常通り運転されていました。
 この富山ライトレールは、かつてのJR西日本の富山港線の一部を改修しライトレール化した上で再出発した鉄道です。運転本数が格段に増えて利便性が向上した好例とされています。
 筆者はJR時代に乗車したことがあるので、未乗区間はこのうち軌道区間の奥田中学校前までのわずかに1.1kmなのですが、そこだけ乗車というのも味気ないので、この大雪の中終点まで乗る事にしました。
 電車が市内から郊外に向かうにつれ、雪が深くなり、電車のジョイント音がほとんどしない状態のまま終点岩瀬浜までライトレールは普通に走っていましたが、除雪しないと危険なのでは?といった疑問が拭えませんでした。
 終点岩瀬浜で駅周辺を少しうろうろしたのですが、雪が激しく靴の中にまで入ってくるので、うろうろもほどほどに切り上げて、また元来た線路を富山駅まで戻って帰ってきました。
 さて今回の旅行はこれにて終了で、あとは帰るだけとなりました。富山ライトレールを降りてから、そのまま目の前にあるJRの富山駅へ行くと、JR線は全ての特急電車が雪のため運休となっていました。それでも普通電車だけはなんとか、間引き、遅れながら運転しますとのことで普通電車を乗継いで東京を目指して帰ることにします。”無事帰れるのか?”情報によれば、上越新幹線は運転されているとのことだった。普通電車を乗継いで、直江津でほくほく線経由の越後湯沢行きに乗れた時にはやっと帰れる〜と思った。しかしそれも束の間で、その電車は六日町で運転打ち切りとなり上越線は不通となってしまいました。この電車の乗客に対しては越後湯沢までの代行バスが用意されるということで、なんとか帰り着く事ができました。

 他の写真はこちらです。ブラウザ の戻るボタンで戻ってきて下さい。

(’10年01月01日取材)

No comments:

Post a Comment